肌荒れを起しやすい洗顔料とは

肌荒れを起しやすい洗顔料とは

毎日の汚れを落とす洗顔料、肌を綺麗に保つつもりで使っているのに実は肌荒れの原因だった…などと言うことも意外に多い、選択には注意が必要なアイテムです。

 

特に洗浄力を重視するあまり、肌への負担が大きい洗顔料というのは多くありますので、肌に合っているかどうかも含めて慎重に選ぶ必要があります。

 

また男性用・女性用と謳うものもありますが、自分の性別と違うものを選ぶとやはりマッチしないことが多いものです。

 

近年の洗顔料は皮脂をしっかり落とせることを謳い文句にしていることが多いですが、それは皮脂を取り過ぎることと表裏一体です。

 

皮脂の分泌量が少ない人が使えば、まず間違いなくかさついてしまうでしょう。皮脂は落とすべきものと扱われていますが、そもそも保湿のために分泌されているものですから、取りすぎれば乾燥するのは当然です。

 

また逆に、乾燥を察知した皮膚が皮脂を大量分泌させ、余計にべたつくということも良く起こります。

 

また、特に男性用にスクラブ入りの洗顔料が多く売られていますが、肌への負担は最も大きくなりますので、特に女性はできる限り選ぶべきではありません。皮脂を取り過ぎるだけでなく肌を直接荒らしてしまいます。

 

洗顔とは毛穴の奥を洗うことが目的であり、目の細かい泡で毛穴の中を掻き出すのが基本です。目の粗いスクラブで肌表面を擦っても、肌が荒れるだけで洗顔の目的は何ら果たせません。爽快感は得られるかもしれませんが、女性は使用しない方が良いでしょう。