自分の肌に合わない肌荒れしやすい化粧品

自分の肌に合わない肌荒れしやすい化粧品

みなさんは毎日肌のお手入れに化粧品を使っていますか?女性の方ならば、ほとんどの方がYesと答えることでしょう。

 

ではそんな毎日肌に付ける化粧品、どのような基準で選んでいるでしょうか。化粧品によってお肌の調子が大きく異なることもままあるため、特に基礎化粧品の選択は非常に重要です。合わない化粧品を選択してしまうと、途端に肌荒れに悩まされることさえあります。

 

化粧品の選択には、配合されている成分のうち、特に相性の出やすい刺激性のある成分を中心にチェックすることが重要です。

 

刺激性を持ち、軽微な相性問題が起きやすい成分には尿素やアルコールなどがあります。尿素は非常に多くの化粧水に含まれており、グリセリンと並んで肌の保湿を担う成分です。

 

そして肌の表面の細胞を取り除くごく軽いピーリングのような効果も持ち合わせるのですが、この効果が肌によっては刺激となり、肌荒れが起きやすい、肌が敏感になったなどと言った問題として表れることがあるのです。

 

アルコールもよく使われる成分で、清涼感を与え使用感を向上させる効果と抗菌作用を兼ねていますが、やはり体質的に合わない人は紅斑ができたりします。

 

またアルコールは蒸発しやすくその際に周りの水分を奪うため、肌質によっては肌のかさつきを感じることもあり、そういう意味でも肌を選ぶ成分です。

 

これらの成分は自分の肌に問題が無ければ避ける必要はありません。ただしどの化粧水を選んでもイマイチ肌の調子が悪い、と言う場合はこれらの刺激性の成分などを含まないものを試してみるといいかもしれません。

 

いずれにせよ、販売元の売り文句やブランドなどに惑わされることなく、自分の肌との相性で化粧品は決めるべきです。