野菜不足、ビタミン不足が肌荒れを起しやすい

野菜不足、ビタミン不足が肌荒れを起しやすい

肌の調子を整えるための栄養素と言えばビタミンです。そして有力なビタミン補給源と言えば野菜。野菜は肌にとって非常に重要な食べ物です。

 

水溶性ビタミンを多く含む点でも、食物繊維を豊富に含む点でも、肌を美しく保つためには欠かすことができません。

 

ところが近年では食の欧米化が進み、それと同時に野菜の摂取量も減ってきています。ここで野菜を食べる必要性を認識し、食生活を改める必要があります。

 

まず野菜に含まれる、肌に欠かせない栄養素と言えばビタミンCです。水溶性ビタミンであるビタミンCは肌や粘膜の調子を整える働きやコラーゲンの生合成に関わるなど、肌と密接な関わりを持った栄養素です。

 

しかしながら、ビタミンCは非常に血中の持続時間が短いビタミンであり、毎日どころか毎食でしっかりと摂取しなければなりません。

 

その上、ストレスを感じると大量に消費されることから、常にストレスを感じるような職場環境では必要量が非常に増加してしまいます。

 

そのためしっかりと野菜を食べるようにしなければなりません。サプリメントも有効ですが、一日に何度も飲むタイプのサプリメントではない限り、一日中ビタミンCを纏うにはサプリメントのビタミンC容量に関わらず食事でもきちんと摂らなければなりません。

 

また野菜には食物繊維が豊富な点も重要です。食物繊維は腸を掃除する働きがあり、腸に残留する食べかすを洗い流してくれます。

 

腸に残留した食べかすはやがて腐敗し雑菌が繁殖し、そこで発生した毒素は血液を通じて肌にも運ばれ、肌荒れの大きな原因となります。これを防ぐためには、やはり毎日食物繊維もしっかり摂取しなければなりません。毎日野菜を食べていればこちらも心配は要りません。